【展覧会実記トップページへ戻る】 【陶工房風炎トップページへ戻る】


       ※  写真をダブルクリックすると、拡大写真がご覧いただけます。

  「全道展60周年記念展」(道立近代美術館:2005年10月28日(金)〜11月7日(月))

写真をダブルクリックすると、拡大写真がご覧いただけます。
美術鑑賞が好きで、機会を見つけては様々
な展示会を見に行きました。
特に道立近代美術館は場所柄、一番通いました。

 ここでの作品観賞後はいつも2階ロビーから
眼下の庭を眺めつつ、感動の余韻にひたって
は幸せな気持ちになったものでした。
同時に、新たな作陶への意欲をかき立てて
もらった思い入れの深い場所でもあります。

その道立近代美術館で、全道展会員として
私自身の作品を展示させていただけるとは
夢のようです。
又、十年に一度という貴重な機会に巡り合
わせた事は、非常に光栄でもあり、同時に
重責も感じています。

    そして作品を通じて私が思う陶芸の魅力、即ち、「無」の土から自分の世界を創り上げていく充実感、
   窯を開けるまでその仕上がりが確定しないという緊張感、開けてみて、想定以上の作品ができあが
   っていた時の高揚感と失敗していた時の喪失感等々、見に来て下さった方々に少しでも伝える事が
   できれば幸いです。

    (出展作品『風門W』 道立近代美術館1階特別展示室にて 10月27日撮影/晴美談)




                 【展覧会実記トップページへ戻る】 【陶工房風炎トップページへ戻る】
                  

                  Copyright©2002- FUEN. All rights reserved.